ゆうちょ銀行では、カードローンやフリーローンなどの金融商品は扱っていません。

監督官庁から、許認可を得ることができていないためです。しかし、ゆうちょ銀行からお金を借りる方法はあります。

 

ひとつは、ゆうちょ銀行の定額貯金もしくは定期貯金にお金を預けている場合です。

この場合、定額貯金もしくは定期貯金を担保にして、預入金額の90%の範囲内まで借りることができます。

 

借入上限金額は300万円で、借入期間は2年間と定められています。

ちなみに借入金利は、定額貯金を担保にする場合は、預入金利プラス0.25%が借入金利となり、定期貯金を担保にする場合には預入金利プラス0.5%が借入金利となります。

 

また、ゆうちょ銀行で購入した国債を担保に差し入れることによって、お金を借りることができます。

対象となる国債は、個人向け国債と利付国債で、購入した国債の金額の80%を上限金額としてお金を借りることができます。

 

そして最長の借入期間は1年間となっています。

国債を担保にしてお金を借りる場合の利率は、そのときの1年物定期貯金の利回りプラス1.7%となっています。

 

定額貯金もしくは定期貯金を担保とする場合よりは、借入金利が高く設定されています。

 

他に、財形定額貯金、財形定額年金貯金、財形定額住宅貯金を担保に差し入れることによってお金を借りることも可能です。

この場合は、借入上限金額は担保に入れた貯金額の90%となり、借入金利は担保に入れた財形貯金の預入金利プラス0.25%となっています。

 

ゆうちょ銀行からお金を借りるためには、貯金もしくは国債を担保に差し入れないと借りることはできません。

いまだにカードローンによる貸付業務や住宅ローンの貸付業務は監督官庁から認可されていないのです。