お金の借入をする際には避けて通れないのが「在籍確認

雇用形態はそれぞれとしても会社勤めならば雇用先の会社を申し込みの際に記入すると思います。

 

その記入が嘘でない事を証明する為に申込みをした人の会社に電話で確認する物です。

そんな在籍確認ですが会社の人に知られるのが嫌でなんとか自分の携帯に電話できないかと相談してくることがありますか結論から言うと

 

不可能に近い

これにつきます。最終確認として必要不可欠な存在とも言えるので外すことは出来ません。

こうなった以上は仕方がありません。

 

在籍確認の電話を上手く誤魔化す方法を見つけるしかありません。

その方法は以下のやり方をこの場ではお勧めします。

 

1「社員証明書等の在籍を確認出来る物を代わりに提出する」

在籍確認の電話は基本的に審査した消費者金融会社の名前を出すことはなく電話をかけてきますがプライバジー情報が厳しくなった現代ではそう簡単にご自身の名前を教える事はない会社も増えてきています。

 

個人情報保護の面もありますが他の者からすれば事情は知らないし急に言われても怪しいのだから教えられなくても仕方ありません。

そう言った面も増えてきたのか今日では在籍確認の電話をしない代わりに

・社員証

・収入証明書

・給与明細

会社に所属し収入も得ている事を証明する書類等で確認を取っている会社も増えてきています。

 

2「借入ではなく違う案件の審査とごまかす」

電話が来てしまう以上仕方はありませんが正直に借入の確認電話と周りに答える必要はありません。

 

審査の電話と言っても「クレジットカード」「車や家のローン」等社会人になったら持っていてもおかしくはない物を代わりに挙げて誤魔化せばいいだけです。

相手もご本人の在籍確認さえ出来ればこれ以上は追求する気もありませんのでそんなに難しい問題でもありません。

 

この2つの方法をお勧めします。

 

一方で在籍確認の電話を入れても融資不可になる場合もあります。

既に退職済みだったりその会社に務めていないと嘘の記入だったりは論外ですが

・会社に電話をかけたはいいが誰もいなかった(全員出払っている時間帯にかけてしまった為に)

・規模が大きい会社なので社員名を把握しきれてない人が電話を取ってしまった為にご本人の在籍をまともに確認出来なかった

在籍はしているが時間帯が悪かったり事情を知らない人が電話を取ってしまった不慮の事故でNGになってしまう場合も報告されているので要注意です。

どうしても懸念要素があるなら事前に時間帯を合わせて貰ったり自分のいる部署の電話番号にしてもらうなど極力確認し易い様にしておくのが安全です。

 

今回は以上となります。

融資を受ける=在籍確認の電話はある物と覚悟を決めておいた方が良いでしょう。