現在就業している方の中にはキャバクラと言った水商売に務めている方もいるかもしれません。

 

世間では「水商売務め=キャッシング出来る可能性は低い」な構図が出来ていますが正直な事を言いますとそんな事はありません。

 

まず水商売務めだからと言って審査に落とされる事はまずありません。

カードローンやキャッシングの審査の際に確認するのは

 

返済能力の有無

借りようと思っている金額に対して毎月一定の収入を得ており返済の目処が立っているか?

そして金額に対して収入が見合っていて滞りなく返済できそうか?

 

この点にまずは注目しています。

数万円程度の少数額なら比較的審査は通りやすいですがそれが数十万円台の大金になってくると話は別、そこからは収入より大きく上回る様であれば水商売に限らず難しくなってきます。

 

個人信用情報

次に注目するのは…と言うよりは水商売に限らず会社勤めでまだキャッシングした事無い人やこれからキャッシングを考えようと思っている人はよく確認しておかないといけない項目がこちらになります。

 

個人信用情報で見るものは主に

過去にキャッシング等で金銭的に借入、家や車等のローンや携帯電話の機種代分割払い等で3ヶ月以上の滞納、遅延をしているかいないか

 

これで何もしていなければ問題はありません。

しかし過去に一度でもあるようならばお気の毒ですが職業に関係なく借りれる可能性は低くなるでしょう。

 

個人信用情報に傷が入った人、いわゆるブラックリスト対象者は例え返済が完了したとしても最低5~10年は履歴として残る為キャッシングやローンを組むのは常人より難しいです。

 

最低でもこの2点さえクリア出来ているのであれば水商売であっても借りれる可能性は高いです。

ですが通る通らないはやはり審査の申込みをするまでは分かりませんのでまずは申込みだけでもしてみるのが良いでしょう。

 

申込み自体はお金を取らないので万が一通らなくても金銭的な痛手はないので通る通らないを知るためにも一度やってみてから決めてからでも遅くはありません。