日雇いバイトでもお金を借りることは可能です。

ただし、いくつかの条件をクリアする必要があります。

 

消費者金融のカードローンでは、申込みの際の条件が「20歳以上で安定した収入があること」となっています。

 

日雇いバイトの場合は「収入」はありますが、「安定している」とは言い難い面があります。

 

そのため、提出書類の職業欄に「日雇い」と書くとまず審査には通りません。

 

記入の際には、「アルバイト、フリーター」と書くなどの注意が必要です。

 

申込みの際の提出書類に勤務先を記入する欄もあり、消費者金融が勤務先へ本人の在籍確認をする場合があります。

1日単位のその場限りの日雇いバイトで勤務先がコロコロと変わっていて在籍確認ができなければ、審査には通らないので借り入れはできません。

 

同じ日雇いバイトでも、ある程度まとまった期間同じ会社で日雇い労働をする、あるいは派遣会社に登録していて、同じ派遣会社からあちこちに派遣されてバイトしているような場合は、勤務先に派遣会社の名前を記入することができます。

 

在籍確認の電話には必ずしも本人が出る必要はありません。

本当にその会社で収入を得ているかの確認なので、会社の担当者に事前に伝えて在籍確認の対応を依頼しておけば、スムーズに審査に通る可能性が高くなります。

 

また、カードローンの申し込みでは、年収は原則自己申告ですが、借り入れ希望金額によっては収入証明書の提出を求められることがあります。

お金を借りたいがために、収入を多めに申告したりすると、却って審査に通らなくなってしまいますので、要注意です。

 

たとえ審査に通っても、雇用形態や年収によって、借入限度額が低くなったり金利が高めに設定されたりする場合が多くなります。

必ずしも希望金額が借りられるとは限らないことを踏まえて申し込んだほうがいいでしょう。