米や野菜、肉や果物等私達の食を支えている農家の人でも事業や農場拡大や資金の一時的な補充等でお金が必要になってくる

農家の人がお金を借りる事は出来るのか?

 

その答えは「出来るけどサラリーマン等の会社勤めの人に比べると審査の有利具合では劣る

この結論になります。

 

何故審査で不利に成りやすいのか、その原因として

 

収入の安定面

 

サラリーマン等の会社勤めや会社に雇われているアルバイトやパートだと一定の収入面での保証はされていますが農家等の自営業の人は怪我や病気で働けなくなると収入が激減する可能性が高く、農家の場合だとそれに加え自然災害や天候不良等により不作で収入面が減る可能性も高いので安定さで言えばどうしても劣ってしまい働いていて収入を得ていたとしても不利になる事が多いです。

 

けれど全く借りれない訳ではなくあくまで劣る程度で審査に通ることはあります。

 

審査で重要視しているのは

・一定した収入の確保

・個人の信用情報(過去に延滞や遅延履歴が有るか否か)

これさえ問題なければ自営業やアルバイト・パートの人でも借りる事は出来ますし50万円以上等大金で無ければ収入証明書の提出も不要ですし農家ならば大手の消費者金融や銀行カードローンでも融通は利かせてくれる会社もありますので審査をするだけなら無料ですので万が一審査が通らなくてもこちらに失う物はありません。

 

農家の収入は本人の体に加えて日本の気候等に左右されて収入面では見事にバラつきが出て不安定ではありますが全く出来ない訳ではないので足りないと思ったらまずは申込みや審査をするだけしてみるのが一番ですね。