yamiyami2

1. まずは健全なところからお金を完済することです

お兄さんが闇金に手を出してしまった…って、本当ですか?

でも、よく家族に打ち明けてくれました。

 

何とか秘密裏に解決しようとして、破滅の道に追いやられる人が多い中、それだけはファインプレーです。

これから、家族と協力者の力を合わせて難局を乗り越えていきましょう。

 

まず知っておきたいことは、ヤミ金は、非合法な方法でお金を貸し付ける業者です。

 

1度お金を借りてしまうと返済地獄に嵌ってしまうでしょう。

闇金融の間では、横のネットワークが構築されているのです。

 

手口としては、1つのヤミ金の返済期日が来ると、足りないことを見越して、他のヤミ金(同グループ)が債務者に電話します。

これにより、今度は別のヤミ金からお金を借りることになり、雪だるま式に元金と利息が膨らんで行く仕組みです。

 

従って、返せる金額ならは、まずは闇金と関係がない、親戚からの借り入れや銀行のカードローン、金融庁の認可を得た消費者金融などからお金を用立て、とにかく完済してしまうことも有効です。

 

ヤミ金も、お金を完済されてしまえば、取り立てる理由がありませんので近寄れませんし、融資の電話はあるかもしれませんが断ることが出来るでしょう。

 

そして、今後の返済計画などを話し合うために、司法書士や弁護士事務所に相談にいくことです。

 

法律的観点から見れば、ヤミ金からの借り入れは利息制限法違反で返還可能ですが、ヤミ金事務所は裁判での所在地の特定を避けるため、住所を転々としているのが実態です。

 

また、仮に勝訴判決を得たとしても、実際の強制執行までスムーズにいくのは難しく、ヤミ金からお金を取り戻すことはかなり難しいでしょう。

 

それよりも厄介なのは、ヤミ金に手を出したことで、携帯電話番号などの個人情報が流出している可能性が高いです。

 

すみやかに、携帯電話番号を変えるなどして、ヤミ金との接触を今後も断つことを心がけてください。

 

また、代わりに借りたお金の返済も大変かも知れませんが、ヤミ金の法外な利息と比較すれば充分完済できる見込みはあります。

 

では、完済できない場合はどうすればいいか?

引き続いて、詳しく見ていきましょう。

2. 闇金被害は警察が介入出来ない!弁護士に相談するのが一番

闇金は、貸金業法違反(かしきんぎょうほういはん)すなわち貸金業の登録許可を得ていません。

一度借りると、法定利息以上の金利および悪質な取り立てを行ってきます。

 

本来であれば、闇金から借りた現金は元本及び利息を一切に返済する必要がありません。

ですが、返済を断ると悪質な嫌がらせや取り立てを実力で行使してくるため、生命の不安を感じます。

 

この場合、警察へ相談するという方法を考えがちですが、警察は原則として民事不介入(みんじふかいにゅう)であり、実際に被害を受けてからでないと動いてはくれません。

 

そこで、直ぐに闇金の動きを抑え込むには、弁護士へ相談するのが最善手となります。

 

法律の専門家が動くと、闇金は借金の取り立てが出来ないことを悟り、一時的に違法な取り立てがストップします。

 

また、闇金が利用する銀行口座や電話番号、そして賃貸物件を利用出来なくすることが可能になります。

闇金も直接的に手を出せない分、法的な措置により行動を抑制されると被害拡大を防ぐため、厄介な相手とは関わらないようにします。

 

では、警察を動かす方法は全く無いのか?というとそうではありません。

 

まずは留守番電話や電話応対した内容を録音しておきます。

 

恫喝や脅しといった内容が確認されれば、警察が動く場合もあります。

 

また、自宅に直接来た場合は、私有地に入った時点で不法侵入(住居侵入罪)となり、逮捕することが出来ます。

 

闇金の不当な取り立てには、ヤミ金側が一番困る方法で毅然と対処していきましょう。

3. 闇金から逃げようとしてもダメ。きっちり立ち向かうこと

よく電信柱や塀に、「ブラックでもお金貸します」「深夜でもすぐに振込みます」なんて捨て艦版があるのを見かけたことがあると思います。

 

最近はインターネットでも検索すると、知られていない金融会社がいくつか出て来ますね。

まずは、確認しておきたいことがあります。

 

そこに登録番号と言うものが書いてあるはずです。

例えば、東京都知事(1)第83064号とかの表記です。

 

このカッコ内の数字は登録した回数を示します。

なので、これが(1)の業者は、実績が殆どないことを表します。

 

こんな業者は避けた方がいいです。

もちろん、登録していない業者はもっと怪しいことになります。

 

対処法として一番考えるのは夜逃げですが、これは現実的ではありません。

相手は、逃げた先の転入届が出されたころを見計らって、住民票を調べます。そうしたらすぐに分かって、もっと酷いことになります。

 

そうでなくても、彼らは世間話のように聞いてきたことがあるはずです。

 

田舎はどこ?ご両親や兄弟はどうしている?

 

こんな何気ない会話で、たとえ住民票の移動がなかったとしても逃げた先に当りを付けられるようにしているんです。

 

あまりにひどい嫌がらせを受けた場合、例えば出前10人前勝手に届けられたとか、一日中電話がひっきりなしにかかって来るとかであれば、警察に被害届を出すことができます。

 

尚、一番優先しなくてはならないのは弁護士か司法書士に相談することです。

法律の専門家にも、それぞれ得意な分野というものがあります。

 

今回の場合は、借金問題に強い弁護士・司法書士の中でも、さらにヤミ金問題に特化している闇金専門のスペシャリストを選ぶことが重要となってきます。

4. 自分で解決するのは絶対無理!すぐにでも専門家を頼って!

まず、闇金とは法律に反する業者なので(即ち違法)借りたお金(元本)すら返す義務はありません。

なぜなら、お金を借りた際の利息は法律で最大20%と定められているからです。(利息制限法)

 

えっ元本は返さなくていいの?と不思議に思う人も多いでしょうが、民法の不法原因給付(ふほうげんいんきゅうふ)に当たるので貸した相手も返還する請求権がない事になります。

 

しかしながら、借りた人は引け目からお金を返そうと一生懸命になりますし、闇金業者サイドは暴利で一儲けしようと企んでいますので簡単には引き下がりません。

 

執拗な取り立てで日常生活もままならない事態に直面するという話を耳にしたこともあると思います。

実際に警察を呼んでも闇金業者は飄々としているパターンが多いのです。

 

やってきた警察官も「当事者の間で話し合ってください」というくらいで介入してきません。

 

なぜなら、警察は民事不介入の原則があるからです。

 

暴力を振るわれた、恐喝されたという決定的な証拠がない限り警察は動くことができない…という事を闇金業者は知っています。

そして、自分の身を守るためにも対抗措置として法律を徹底的に勉強しています。

 

法律に抵触しないギリギリのラインで借りた人を精神的に追い詰めて回収しようとするのです。

 

とても素人が太刀打ちできる相手ではありませんので、対策としては専門家に頼ることが一番です。

 

自分で解決することは非常に難しいため、闇金専門の法律家に発覚した時点ですぐに相談しましょう。

 

なぜなら、弁護士などに依頼し代理人を立てた場合は債務者本人への直接の取り立ては不可となるルールがあるからです。

 

取り立てに苦悩していた方にとっては、これだけでも少しは気が休まりますよね。

【参考資料】闇金対策に強い弁護士・司法書士【一覧】
代表弁護士・司法書士 所属・登録番号 電話番号
デュエル(Duel)法律事務所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階
正野 嘉人 東京弁護士会 / 認定番号:第19816号 0120-347-026
ウイズユー司法書士事務所
〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F
奥野 正智 大阪司法書士会第2667号 / 簡裁認定番号第312416号 0120-080-889
ジャパンネット法務事務所
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 セピアビル9F
小宮山博之 東京司法書士会:1392号/認定番号:第501079号 0120-396-013
ウォーリア法務事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目10番4 新光西天満法曹ビル701号室
坪山 正義 大阪司法書士会会員(第3831号)簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号) 0120-500-832
エストリーガルオフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目4-14
東口 昌弘 大阪司法書士会所属 第3524号 簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第612367号 06-6123-7033

 

【最後に】

最後になりますが、お金を借りる際に闇金か?認可を受けた貸金業者か?見分ける簡単な方法をご紹介します。

 

それは電話番号です。

 

広告などに掲載してよい電話番号はフリーコールもしくは固定電話と法律で定められています。

 

従って、090080から始まる携帯電話番号が乗っている場合は100%闇金と思って間違いありません。

 

くれぐれも安易にコンタクトを取らないようになさってくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

引き続きまして、【第6章】大手と中小の審査基準の違いについて書いています。

【中堅消費者金融の合否判定】お金を借りれる人と借りれない人の違いは?にお進みください。