年金受給者がキャッシングサービスを利用することは、難しいと考えられています。

銀行や消費者金融が高齢者に対してキャッシングサービスを提供するのが稀だからです。

 

年齢的な健康不安があるせいか、高齢者が銀行や消費者金融の審査を突破することは、困難だと言われています。

 

ですが、年金担保融資を用いれば話は別です。

年金担保融資は年金を担保にすることでお金を借りられる名前通りのサービスです。

 

年金担保融資を利用する場合には、年金証書とこれまで受け取った年金を示す書類の提出を求められます。

後者の書類で最も一般的なのは年金振込通知書です。労働者災害補償保険による年金を担保にするなら、年金等振込通知書年金等送金通知書です。

 

他にも様々な書類があり代用は可能ですが、1つだけ守るべきことがあります。

それは古いものではなく最新の書類を準備することです。

 

以上の2つの書類を用意してから、申請用の書類に必要事項を記入します。

合計3種類の書類を提出すれば、申請の手続きは完了です。

 

年金担保融資の融資額は、年金支給額や用途によって変動します。

医療費や冠婚葬祭など、特殊な用途である場合には、最大で250万円の支給を受けることが可能です。

 

しかし、用途が極めてプライベートである場合には、支給額が最大で100万円です。

初めて年金担保融資を利用する人は、用途によって借りられるお金の上限が変化することを知りません。

 

申請の準備が整ってから驚かないようにするには、用途によって借りられる金額に違いがあることを覚えておくべきです。