日本で暮らす外国籍の外国人でも、いくつかの条件を満たせば、カードローンに申し込んで、銀行や消費者金融でお金を借りることができます。

 

銀行と消費者金融との条件を比べると、銀行の方が少し厳しめです。

多くの銀行では、カードローンに申し込める外国人は、原則、永住許可を受けている人に限られています。

 

消費者金融の場合は、「在留カード」または「外国人登録証明書」を持っていれば申込みが可能なところもあります。

その他の申込みの条件としては、まず、安定した収入があること。これは日本人がお金を借りる場合も同じです。

 

そして、在留期間が十分に残っていること。お金を返さないまま帰国されてしまっては金融機関も困りますので、返済に十分な期間日本に滞在することができるのかも確認されます。

 

日本語の読み書き、会話が問題なくできることも条件となっています。

契約書を理解できないままお金を借りると、返済方法や期限がわからなかったりして、後々トラブルとなる場合があるからです。

 

申込みの際の書類は金融機関によって多少異なりますが、「パスポート」「外国人登録証明書」「在留カードまたは特別永住者証明書」が必要です。

場合によっては収入証明書が必要となったり、職場への在籍確認が行われたりします。

 

このように、永住許可がない外国人でもカードローンの申し込みは可能ですが、日本人と比べると、審査は少し厳しくなるようです。

日本での滞在期間の長さや勤務期間の長さも考慮されるので、同じ会社で長く働き続けている人の方が審査に通りやすくなっています。

ご参考までに。