お金を借りたいけれど、家族や職場に知られてしまうのは

そう考える人はたくさんいます。

 

最近の消費者金融では、利用者の事情に配慮して、家族にばれないように手続きすることが可能になっています。

 

スマホやパソコンなどで、インターネットで申し込み、キャッシングに使うローンカードは自動契約機で受け取るという方法を使えば、自宅に郵便物が届くことはありません。

自動契約機に入るところを見られるのも嫌、という場合は、自分の銀行口座に借入金を振り込んでもらうことも可能です。

 

申込みの際の確認用の電話番号は、自分の携帯番号を登録しておけば、家族が電話に出ることもありません。

 

一番気になる職場への本人確在籍確認ですが、消費者金融によっては、在籍を確認できる書類(社会保険証、直近の給与明細書、源泉徴収書など)を送ればOKとなるところもあります。

必要となる書類は、金融会社によって異なります。また、借入金額によっては、電話での本人確認が必要になることもあるので、職場の在籍確認については申し込む前によく確認する必要があります。

 

無事借り入れた後は、返済状況の明細チェックを全てインターネット上で行う、Web明細を使えば、自宅に書類が届くことはありません。

 

そして、期日を守ってきちんと返済すること。返済が滞ると、督促の書類が届いたりして、家族に知られてしまう原因となります。

放置しておいたスマホに家族が出てばれてしまった、というケースもあります。延滞状況によっては、職場に督促の電話がかかってくることもあります。

 

借入れ後は、最後まで油断しないよう気を付けたいものです。