都内在住だったりすると以外に使わないのが「」です。

維持費もかかるし、マンションやアパート住まいであれば駐車場料金もバカになりません。

バスや電車を使えばどこにでも行けると自然と車を運転することから遠くなります。

 

身分証明書として取得するには高価だし時間もかかる…

そんなこんなで運転免許証は持ってない人も最近では多いのです。

 

しかし免許証がないと困るのが身分証明書の提示です。

キャッシングなどは、無担保無保証でお金を借りることができるので、本人確認はかなりしっかりと必要になります。

 

本人確認でまず必要書類といえば「免許証」です。

住所や名前が確認できるし、顔写真もついていて公的な書類なので信頼できる身分証明書です。

 

では免許証がないとお金は借りることができないのでしょうか?

そんなことはありません。

 

借り入れ先によりますが、保険証でも特に国民保険証は住所の記載がしっかりとしているし、免許証の代わりにパスポートでもOKのところも多いです。

ほかには住民基本台帳や住民票で住所の確認をして更に保険証提示でOKのところなどいろいろです。

 

つまり免許証がなくてもお金は借りることができます。

 

しかし間違わないでほしいのが、「本人確認書類」は絶対に必要です。

 

そして、はじめてのキャッシングであればオススメなのが大手消費者金融です。

大手だと初回に限り無利息のサービス期間があったりするのでとてもお得に利用できます。

しかし条件はそれぞれ異なるのでよく確認しましょう。