bengosi2

1. 多重債務から立ち直れる借金返済のための秘訣

債務整理の中で、最もその名が知れているのは自己破産ですね。

この他に特定調停、任意整理、過払い金請求など、減らない借金に悩んでいる方の解決方法は沢山あります。

 

複数の消費者金融から200万円という大きなお金を借りている場合でも債務整理は可能です。

 

場合によっては借金が帳消しになる事もあります。

借金が帳消しになるばかりか、気づかぬうちに多く払わされていた利息分を過払い金として取り戻せることもあります。

 

借金地獄から抜け出したいなら、弁護士や司法書士に相談をして、債務整理の詳しい説明を聞くべきです。

同時に、今の状態で債務整理をしたらどのくらい借金を圧縮する事が出来るか試算してもらうことをおすすめします。

 

どのように相談したらいいのか分からない…という声や、難しい説明についていけるか分からない…など弁護士や司法書士に借金相談する事を不安に感じる方も少なくありません。

 

普通に生活をしていれば、法律のプロのお世話になる事は中々ありませんよね。

ましてやデリケートな問題についての相談ともなれば、より一層、不安になるのも無理はありません。

 

でも大丈夫、債務整理について相談者がきちんと理解する事が出来るよう、分かりやすく説明をしてくれます。

 

借金相談を無料で聞いてくれる所も多いので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

その道のプロが1番の味方となり借金問題が解決するまでサポートしてくれるでしょう。

2. 返済困難な借金は「任意整理」で解決できますよ

増えてしまった借金は、一日でも早く返済をしないと利息が増えて返済額が膨れ上がってしまいます。

そうなれば返済することが困難となり、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

 

少しでも返済額が増やせるように、日常生活においてお金の使い方を見直すなどの必要があります。

できることなら親・兄弟からお金を借りて、返済に当てることができれば良いのですが心配させたくないなど様々な理由で、借金があることを知らせていない場合が多いですね。

 

そうなれば自分で債務整理をして、解決をするしか方法はありません。

 

債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の方法があります。

債務整理の種類

・任意整理

・特定調停

・個人再生

・自己破産

この中の「任意整理」だけは、裁判所を通さなくて済む唯一の方法なんです。

 

流れとしては、債務者と債権者の間に弁護士または司法書士が介入して債務者が支払い可能な返済額を、債権者に交渉していきます。

 

弁護士や司法書士とは携帯電話で連絡を取ることが出来るので誰にも知られることがなく借金返済を進めていくことができます。

 

まずは弁護士や司法書士と「委任契約」を結びましょう。

そうすれば、弁護士や司法書士が債権者に「受任通知」を送ります。

 

その時点で債権者は、債務者からの取り立てを直接することができなくなってしまいます。

その事によって債務者は、債権者からの取り立てによる精神的な苦痛から解放されます。

 

任意整理のデメリットとして、借金返済後はしばらく借り入れをすることができなくなります。

クレジットカードを持つことも難しいでしょう。

 

しかし、家族や知人に知られることがなく借金を無くすことができるのですからそのメリットには代えがたいものと言えます。

3. なぜ自己破産よりも任意整理がおすすめなのか?

借金をしたくてしている人はいないと思います。ですが、気づくと自分では払いきれない金額になっていることは多々あります。

そんな借金を賢く返済していく方法をご紹介していきたいと思います。

 

細かく分けると債務整理には自己破産、債務整理、民事再生の3つに分けることができます。

 

自己破産は、あくまでも最終手段として捉えておきましょう。

 

次にもし、家やマンションを自分が所有している場合ですが、そういう方は家を手放すのは嫌だ…利息までは払えないが借りた元金だけなら返せる見込みがある…という方は自己破産以外の解決方法があります。

 

その解決方法は任意整理と呼ばれるものです。

任意整理とは平たくいえば借金を整理できるということになります。

 

自己破産の場合は裁判所に各種の書類を提出して免責というものがでるまで何回も裁判所に通わなければなりません。

さらに弁護士を雇わなければならないので、その分の費用もかさみます。

 

ですが、任意整理をすれば裁判所を通さずに債務者と債権者の間で話し合いをして利息や毎月の支払いを減額してもらうことができます。

さらに、利息に対しては最大で14.2%の上限利息というものが法律で定められています。

 

ですから、任意整理を行えば今まで支払いすぎた金額が戻ってくるというメリットがあります。

 

その戻ってきた金額を有効に生かして返済計画をもう1度立て直すことができます。

任意整理は本人でも行えますが、金額の交渉を考えると弁護士に依頼した方がより確実な減額が望めるといえます。

 

ですから、なるべく借金問題に詳しい弁護士を頼ることをお勧めします。

これから返済していく利息は免除されるので負担はかなり軽くなるのが任意整理のメリットだといえるでしょう。

 

さらに民事再生は住宅ローン以外の借金は減額されて、利息も免除されるところが民事再生の特徴といえます。

以上のことを踏まえてご自分が納得した解決方法を選んでください。

4. 借金の悩みはどの弁護士さんに相談したらいい?

毎月の返済額を減らすことさえできれば問題なく支払い続けられるという場合には任意整理をすることをおすすめします。

間違っても借金を返すために借金を繰り返すといった自転車操業にならないように注意をしてください。

 

まずは債務整理に詳しい弁護士に相談をするのが確実です。

 

任意整理というのは債務整理の中でも借金が0になるような自己破産とは違います。

あくまでも完済することを目的とするもので、裁判所を通さないで債権者と示談をして借金総額を減らすことができ、3年から5年かけて完済するというものです。

 

また、原則的に弁護士に相談をした段階で未払いの利息や将来利息がカットされ、債権者からの催促もストップします。

過去に過払い金があった場合には返済額からマイナスできるので借金を減額することができてかなりお得です。

 

もっと大きな減額ができる個人再生などもありますが、200万円程度であれば私的交渉のみで済ませられる任意整理で費用を安く済ませるのがいいでしょう。

 

債権者が話し合いでこちらの条件を全て飲んでくれるとは限りませんが、消費者金融側も自己破産されて借り倒されるよりも少しでも借金を返してもらえるのであればそれに越したことはありません。

 

弁護士を間に挟むことで円滑に話が進みますので、一人でどうしようもなくなった際には法律家に任せるのが安心です。

【参考資料】債務整理に強い弁護士・司法書士【一覧】
代表弁護士・司法書士 所属・登録番号 電話番号
天音法律事務所
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階
人見 勝行 東京弁護士会所属 / 認定番号:第28805号 0120-887-032
ふづき法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-9-5 大台ビル8階
山下重幸 東京弁護士会所属 / 認定番号:第047222号 0120-516-014
樋口総合法律事務所
〒104-0031 東京都中央区京橋2-12-4 光和ビル3階
樋口 卓也 東京弁護士会所属 / 登録番号:第29906号 0120-032-034
新大阪法務司法書士事務所
〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
金井 一美 大阪司法書士会所属(第3137号)簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第612044号) 0120-677-214
エストリーガルオフィス
〒531-0072 大阪市北区豊崎3丁目4-14
東口 昌弘 大阪司法書士会所属 第3524号 簡易訴訟代理等関係業務認定番号 第612367号 06-6123-7033

 

債務整理をするといわゆるブラックリストには数年載ることになりますが、家族にも内緒で手続きすることができますので、完済するつもりであれば早めの相談をおすすめします。

 

引き続きまして、【第5章】闇金の対処法について書いています。

【 家族(兄)がヤミ金から借りてしまいました 】どうすればいい?をご覧ください。