otita2

1. キャッシング審査に通らない…3つの落とし穴

急にお金が必要になって、キャッシングに申し込んだところ審査に落ちてしまった…そんな経験がある方いらっしゃると思います。

 

キャッシングの審査が通らない理由はいくつかあります。

まず、金融業者はキャッシングやカードローンの審査ではあなたの信用情報を調べます。

信用情報とは、信用情報機関で管理されているあなたの金融に関する情報で

・氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先

・各種ローンやクレジットカード、奨学金などの契約状況・支払い状況

・金融事故情報

がわかります。この情報を元に申込者に貸付をしても大丈夫か業者は判断しています。

信用情報に以下の情報がのっている場合、審査に通らないことがあります。

 

■金融事故を起こしている場合

ローンの支払いを長期延滞している、債務整理中である、代位弁済をしてもらっている、規約違反などをして強制解約をされているなどの金融事故を起こしている場合、まずキャッシングの審査には通りません。

事故情報は5年は消えずに残っていますので事故を起こして5年以内であればキャッシングは難しいです。

 

■他社からすでに借入をしている場合

貸金業者は法律で、申込者の年収1/3までしか貸付ができないと決められているためすでに年収の1/3以上の金額を借りている人はまた申し込みをしても審査に落ちる場合がほとんどです。

 

■他社への申し込み記録が多い場合

ある業者に申し込みをしたところ審査に落ちたので他の業者へすぐ申し込みをする、という事を繰り返していると審査に落ちるリスクがますます高くなります。

金融業者は、短期間で複数の業者に申し込んでいる情報がある場合、「複数の他社で断られたので問題がある」と判断し審査を通さなくなります。

2週間~1カ月程度は間をあけて申し込んだ方がよいでしょう。

 

会社勤めで安定した収入があり、勤続年数もある程度長いのにキャッシングの審査に落ちてしまったという場合は上記のように信用情報に何かしらの傷がついた状態になってしまっている事が考えられます。

信用情報は、信用情報機関に申請すればもらう事ができますのでまずは自分の信用情報を確かめて落ちる理由があったかを確認しましょう。

2. キャッシング審査に落ちる要因を改善しよう

消費者金融会社は、銀行や信用金庫と違って無担保で融資をする代わりに、高い金利で融資をする業態をとっています。

融資をするうえでの審査項目ですが、勤務先の会社や、正社員なのかアルバイトなのか、勤続年数、年収、他社から借入金があるか否かなどがあります。

 

これらは、消費者金融に初めてキャッシングを申し込むときに、申込書に記載することになると思います。

 

まず、勤務先については、銀行から借りる住宅ローンやカードローンと違って、どの会社に勤務しているか否かは問題になりません。

 

たとえ、社員数が5名の会社に勤務していても審査はとおります。

また、勤続年数が短くても正社員であれば審査は通りますし、アルバイトやパートでも勤続年数が2年程度の長さがあれば、法律上突然解雇されることは困難となりますので審査をとおります。

 

そして年収ですが、100万円あれば審査はとおります。ですから年収で審査を落ちる人は、かなり定額の収入しかないケースしか考えられません。

 

また、他社から借入金があるか否かですが、他社から借入金があっても、法律上の総量規制上、まだ追加融資できる余地があるのであれば審査はとおります。

逆に、他社からの借金が多すぎて総量規制に引っかかったことが原因で審査に落ちてしまうケースはあると思います。

 

最後に、消費者金融会社は、キャッシングを申し込んできた人が、過去に他社からの借金や支払債務を延滞したことがあるか否かを調査します。

これはJICCCICといった信用情報機関に照会すれば判明してしまいます。

 

例えば、キャッシングの申込者が携帯電話料金を延滞したことがあれば、これらの機関に延滞情報が登録されますので、審査に落ちることになります。

 

率直に言って、消費者金融の審査に落ちる理由は、安定的に働いていないか、年収が30万円程度しかないか、すでに他の消費者金融からの借入金が総量規制いっぱいとなっているか、金融機関や携帯電話会社などへの支払いや返済を延滞したことがあるかの、いずれかだと思います。

・安定的に働いていない

・年収が30万円程度しかない

・他社の借入金が総量規制を超える

・支払いの返済を延滞している

審査を通るためには、これらの要因を改善することが重要です。

3. キャッシング審査に落ちてしまう5つの原因

キャッシング利用するのは初めてなのに、何故落ちてしまったのか理由が全く分からない…という方は、審査に落ちてしまう習慣をしているかもしれません。

①クレジットカードの多重申し込み

キャッシュバック目当てで、短期間の間に複数社のクレジットカードを申し込むと、信用情報機関に多重申し込み者として登録されてしまう可能性があります。大量にカードを作りすぎる行為は警戒されます。

登録期間は、半年間となりますので、半年後に改めてキャッシング申し込みすると、審査に通りやすくなるでしょう。

②クレジットカードの返済遅延や滞納

公共料金や携帯の支払いを、クレジットカード払いにしていると、カードの引き落とし口座の残高不足で、引き落としが出来なかった…ということがあると思います。

これを何度も繰り返していると、信用情報に返済遅延や滞納状況が登録されてしまいます。登録期間は、最長で5年間となります。

③他社借入額が3社以上

他社借入額が、3社以上あると信用度が低いと評価されてしまいます。

何故なら、少額でしか借入ができなくて、複数社から借り入れをしているとみなされるからです。1社でも減らしてから申し込むようにしましょう。

④勤続年数が短い

年収が低くても安定収入があれば、学生でも申し込みができますが、勤続年数が1年未満だと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

⑤クレジットカードを利用したことがない

これは意外ですが30歳以上でクレジットカードの利用歴が1度もないと、信用度が低い(というか評価ができない…わからない)と判断されてしまうことがあります。

逆に、クレジットカードの利用歴が十分にあって、真面目に返済していることが分かると、収入が低くても評価が高くなる場合があります。

4. 【信用情報の開示請求】自分の信用情報を開示請求しよう

どうしてキャッシングの審査に落ちてしまったかわからない…そう悩んでいる人の解決策として一番正しいのは、審査時に各社が利用している個人信用情報機関に自分の信用情報を開示請求することです。

 

信用情報にはネット・郵送・窓口の3つの確認方法があり、ネット・郵送での開示請求はそれぞれ1,000円、窓口での開示請求は500円です。

 

cic

・CIC (割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関)に開示請求

➡ CICインターネット開示

 

jicc

・JICC(日本信用情報、指定信用情報機関)に開示請求

➡ 情報開示手続きのご案内

 

一般的にキャッシングの審査時には大きく4つの確認事項があります。

①は年齢や年収、勤務先や他社からの借り入れ状況の確認、②は過去に返済で事故(一定期間以上の延滞含め)をおこしていないか、③は勤務先などへの在籍確認、④は免許証や住民票などの提出による本人確認です。

・年齢、年収、勤務先、他社の借り入れ状況確認

・金融事故の有無、過去の返済確認

・勤務先への在籍確認

・免許証や住民票などの本人確認

キャッシングの審査では、会社によって異なりますが一定の安定した収入ということで正社員でなくてアルバイトでも借り入れが可能な会社が多いのです。

 

そうなると一定の安定した収入があって本人確認と在籍確認がとれても審査に落ちるということがあるならば、それは他社からの借入額が多すぎて総量規制にひっかかってしまっているか、過去の借入時に事故をおこしてしまったかのどちらかが有力となります。

・総量規制に引っかかっている

・過去の借入れで遅延・延滞がある

遅延・延滞などの情報は5年間、自己破産・債務整理などの情報は7年間保管されます。

・遅延、延滞…5年間保管

・自己破産、債務整理…7年間保管

そういった記憶が無いのに審査に落ちてしまうという場合には、最初に記述しました個人信用情報機関に自分の信用情報を開示請求して、自分で過去の借り入れ状況や返済状況などを改めて正確に把握することが必要です。

5. 【申込み前の最終確認】本当にそれで大丈夫?

急な出費でお金の工面なんて出来ないよ…とお悩みの時に便利なのが消費者金融の「キャッシング

 

しかし世の中全員に手を差し伸べてくれる程企業も世間も優しくありません…

今回はそんなピンチの時に追い打ちをかけない様に事前に自分が借りれるかどうかのチェックをしていきましょう。

少しのきっかけが案外引っかかってる…かも?

 

チェック1「貴方の過去は大丈夫?」

ブラックリスト」と言う言葉は聞いた事はありますでしょうか?

こちらは主に過去に借金で一定期間以上の遅延、分割払い(携帯機種分割払い、車のローン等)の滞納等なんらかの事情で支払いが遅れてしまい信用機関に登録された人達の事を指します。

 

無論過程は故意ばかりではなく急なリストラや怪我や病気の不可抗力でやむを得ずと言ったのもありこの場では追求はしません。

しかし企業からすれば結果だけを見ています、過程は知ったことではありません。

ましてや顔が見えないのですから判断するのはそれしか無いですので文句は言えません。

 

…前置きが長くなりましたが結論を言うと「少しでも思い当たる節がある人は借りれる可能性は低いと思え!

こうなった場合は知人や親族に頭を下げてても借りた方がまだ手に入りやすいでしょう。

 

チェック2「嘘つきは駄目」

当たり前だと思いますがちゃんと申し込みの時には嘘偽りなく記入してますか?

少しでも優位になろうと収入や職で虚偽の記入なんてすれば事前チェックでハネられます。

 

仕事とは言えお金を貸すのです、念入りにチェックするのはおかしくありません。

申し込みをする際はちゃんと自分の身分を正直に書きましょう。正直に書きさえすれば例えアルバイト・パート、専業主婦の人でも借りられる事もあります。

 

金融側が見ているのは「ちゃんと返済できる宛があるか否か」の部分だからです。

 

チェック3「貴方の社会的立場は?」

社会人の中には会社勤め以外にも自営業や自由業の人もいてちゃんと一定の収入を得ている人もいます。

しかしいくら収入を得ていても「収入の安定度」の面で見れば会社員の方に分があり、過去に何の事故歴が無くてもキャッシングを断られることがあります。

 

無情ですがやはり自営業と自由業はいつ収入源が途切れてもおかしくないのが現状です。

収入源で不安はあるもどうしても借りたければ申し込みの際に指定されたの以外にも「納税証明書、確定申告書」を用意してちゃんとした収入があることを証明させてみましょう。

口で一から十まで説明するよりは実際の証拠を見せた方が信用されやすいです。

 

簡単な様で意外と難しいキャッシング、誰だって頼りにしたいです。

しかしお金を貸すのですからそうホイホイと貸す訳にはいきません、踏み倒しなんてされちゃ企業もたまったもんじゃありません。

 

某CMではありませんが「ご利用は計画的に」の精神で借りる前に一旦自分の胸に聞いて見て本当に大丈夫か振り返ってから行動に移しましょう。

6. 【審査に落ちた人が、お金を借りる2つの方法】

ブラック認定されてしまった場合、基本的に大手のキャッシングや銀行からお金を借りることはできません。

 

従って通常の方法でお金を借りることはほぼ無理というわけですが、ある方法を利用することでお金を用意することは可能です。

 

問題は後から生じるリスクに耐えられるかどうかが鍵となるでしょう。

1.中小キャッシング

1つは中小のキャッシング会社に申込み、多少ではありますがお金を融資して貰う方法です。

 

実は大手ほど審査が厳しくないため、ブラック状態であってもお金を借りられる会社はまだ残っています。

勿論金利面ではかなり不利となりますから、場合によってはかなり支払額が増加する可能性はあります。

 

しかし申込みをすることでお金を借りられるチャンスはあるのですから、最初は中小のキャッシング会社に頼ってみましょう。

 

自己破産者の方 他社で断られた方
ハローハッピー

(自己破産・民事再生OK)

エフォートコーポレーション

(他社で断られた方もOK)

2.クレジット現金化

これでも駄目ならクレジットカードの現金化という最終手段があります。

ショッピング枠であれば審査をする必要性がありませんから、これを利用して合法的にお金を借りる方法を利用します。

 

現金化を行っている業者は多数存在しますが、なるべく還元率が高くて実績のある優良業者を選んでください。

後はその業者が仲介作業を行って、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれれば良いわけです。

 

面倒な手間はありませんので、キャッシングを諦めている方はこの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

尚、現金化はショッピング枠のリボ払い(年利15%前後)を利用することになりますので、返済自体は長引くことを理解してください。(金利0円の一括払いも選択できます。)

 

けして褒められたやり方ではありませんが、現在ブラック認定されている方には、この方法が救いになってくれることは確かです。

お読みいただきありがとうございました。

 

引き続きまして【第2章】、現金化の内部事情については、 【実録】元現金化業者がクレジット現金化の実態に迫る! をごらんください。